THEMA
アーダンリゾート株式会社(奄美の里)担当者インタビュー

アーダンリゾート株式会社(奄美の里)担当者インタビュー

鹿児島県奄美群島の郷土料理である「鶏飯(けいはん)」。1929年創業、鹿児島県本土鹿児島市で大島紬生産からはじまり、「奄美の里」として大島紬の販売、美術館、ホテル、宴会場、そして奄美大島や鹿児島の食材を生かした料理を提供するレストラン「健美和楽花ん華」を運営しているアーダンリゾート株式会社。今回、奄美の郷土料理として人気のメニュー「鶏飯(けいはん)」をレトルトパックとして開発中でそのパッケージデザインを課題として提供いただきました。代表取締役社長の藤陽一さんに課題について伺いました。

―本日はよろしくお願いいたします。素晴らしい施設ですね。

ありがとうございます。ここ、奄美の里では、奄美大島が育んだ大島紬に生涯をかけた「都喜ヱ門」の情熱を後世に引き継ぐため、大島紬の美術館や工場見学をできるようにしています。また、観光客の方や鹿児島の方に、奄美の文化やドラゴンフルーツをはじめとした特産物を知ってもらったり、奄美大島を代表する郷土料理「鶏飯」などを提供して、少しでも皆様に奄美の風を感じとっていただけたらと思って日々がんばっています。

―今、お話に出た「鶏飯(けいはん)」のレトルト商品パッケージデザインが今回の課題になる訳ですね。

そうですね、「鶏飯」は江戸時代にお客様をもてなす為に生まれたと言われ、1968年4月に平成天皇(当時皇太子)ご夫妻が奄美大島に来島した際に食されて、その美味しさにおかわりをされました。その様子が伝えられると地元で観光客の人気を博し、奄美大島を代表する郷土料理となっています。当社もルーツは奄美大島ですが、1952年に鹿児島市で開業し、当時から「鶏飯」を提供し現在に至っております。鹿児島本土では唯一「鶏飯」を専門的に提供している店であり、じっくり煮込んだ県内産の鶏ガラスープは県内外を問わず40年以上愛されています。
レトルト鶏飯販売としては後発ですが、鹿児島本土(奄美大島除く)では唯一の鶏飯専門店として、具材とのスープのバランスなども含めて味にこだわって開発しています。

-ちなみに、冷凍の「鶏飯」を既に販売されてますね。

はい、お店で食べたお客様の要望もありスープから具材まで全て自社で製造し、お店の味そのままで召し上がっていただけるように作ってあります。その結果、価格もそれなりになりまして基本的に贈答用の商品になっています。その為、パッケージにも高級感を出す為に黒地に商品写真という形になりました。

―今回のレトルト「鶏飯」は冷凍とどう違うのでしょうか?

スープに関しては当社で製造し、レトルト会社に持ち込んでおります。具材はレトルト会社で調達してスープとのバランス等を当社が監修する形で製造し、プロトタイプを作ってテスト販売を通じお客様のご意見も取り入れ年内に完成させる予定です。

―ターゲットはどうお考えでしょうか?

冷凍商品は価格からもお中元やお歳暮時の贈答品として販売しておりますが、レトルト商品はお土産品としてお買い上げいただけるように考えております。ですので、30代以上の方に空港や駅のお土産ショップで手軽に手に取っていただきたいと思っています。女性の方には一度食べていただければ買っていただける自信はあります。男性の方にはシンプルで分かり易く伝える必要があるのかなと思っています。
地元鹿児島の方には定番の鶏飯を手軽なお食事メニューとしても気軽に取り入れて利用してもらいたいですね。先々は福岡の明太子のように全国で食べていただければ嬉しいのですが(笑)

―デザインに関する要望は何かありますか?

基本的に冷凍とはターゲットが違うので、我々としても高級感というより今回は気軽というか身近なイメージ、女性らしいとか上品な感じがいいのか等色々考えていますが決め切れておらず、デザインアワードに課題提供した経緯がありますので自由な提案を期待しています。例えば、箱のサイズは一応設定してありますが最低限このくらいのサイズはないと入らないということであって、(お土産にしやすい形態であれば)デザイナーの方には自由に発想していただきたいですね。パッケージに食べ方や内容を出すか、仕上がりイメージをどう出すか、必ずしも「鶏飯」の写真がメインでなくてもいいか、ご飯部分をどう見せるか、デザイン重視すると食べ方やどういう食べ物なのか伝わらない等色々課題もありますが、その辺がデザイナーさんの腕の見せ処になると思っています。

―ありがとうございます。最後に応募者のみなさんにメッセージをお願いします。

はい、実はレトルト「鶏飯」と同スケジュールでフリーズドライ「鶏飯」(お土産用5個入り1200円予定・個包装必要)も開発中です。レトルトで採用したデザインをフリーズドライにも展開する予定ですので、その辺も考慮されたデザイン提案をお願いできれば幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。