ARCHIVES
2019年度受賞作品

2019年度 最優秀賞

課題企業名
有限会社大瀬商店
受賞者
ハチノジ LLC(宮崎県)
作品名
「継ぐ」+「渦」
審査員コメント
デザインに勢いと力強さを感じました。また、伝統的な同店の家紋を利用して、昔ながらのデザインを生かしつつも独自性があり、このロゴを見るだけで、質の高い製品だということを伝えられるデザインではないかと思います。展開例を含めて使い勝手がよく、拡張性も高い。大瀬商店だけでなく大島紬全体を引っ張っていくデザインになってほしいです。

企業賞

課題企業名
相良酒造株式会社
受賞者
杉本 裕一 (大阪府)
作品名
「焼酎tomorrowパッケージデザイン」
審査員コメント
良い作品が多い中、突出してシンプル、引き算をされていて、新しいことに取り組みたいという相良酒造のチャレンジにぴったりとあっていると思う。
シンプルであり、唇のギミックなどに愛嬌もあり、一番目をひきました。

企業賞

課題企業名
NPO法人桜島ミュージアム
受賞者
カンケリデザイン (鹿児島市)
作品名
「ミクロとマクロとループ」
審査員コメント
日本中だけでなく世界中にあるミュージアムの中で、桜島と重なる力強いものが選ばれました。どのようにしてゴロが生まれたのかという設計もしっかりと作られていたました。

企業賞

課題企業名
セイカ食品株式会社
受賞者
佐野 元一 (愛知県)
作品名
「乳酸菌ソフトアメ」
審査員コメント
乳酸菌のイメージがうまく表現されており、よく目立つ作品でした。また、他の類似商品との差別化もされ、店頭でも映える作品だと思われます。

企業賞

課題企業名
かごしま有機生産組合(地球畑)
受賞者
平本 友里 (東京都)
作品名
「地球畑ブランディングご提案」
審査員コメント
有機栽培の野菜やその加工品のデザインとしてありがちなのが、生成り・手作りを意識したような少しざらついたイメージですが、オーガニックで体に良いということだけを伝えるのではなく、高品質・高級かつおいしい商品、という印象を、黒と緑、そして写真を上手に組み合わせながらデザインしていた点に他の作品にはない使い勝手の良さを感じました。

企業賞

課題企業名
鹿児島市再生可能エネルギー推進課
受賞者
岩崎 吉郎 (大阪府)
作品名
「ミライとイキル」
審査員コメント
誰にどのような想いを伝えたいのかというキャッチコピーから、デザインを通して世界観が伝わる良いデザインでした。

奨励賞

受賞者
texte(神奈川県)
作品名
「OOSE SHOTEN REBORN PROJECT」

奨励賞

受賞者
乾 志帆(奈良県)
作品名
「akatuki」

学生賞

受賞者
舞田 実風(鹿児島市/鹿児島県立短期大学)
作品名
「いっど」
応募期間
2020.7.1 - 9.30
Scroll