THEMA
相良酒造株式会社

相良酒造株式会社

女性をターゲットにした焼酎のラベルデザイン

1730年(享保15年)創業の相良酒造株式会社。鹿児島市内で家業として営む唯一の造り酒屋である。今回の課題は、今年新たに製造する紫芋を使用した焼酎のラベルデザイン。ターゲットを今まであまり焼酎を手に取ったことがない女性とし、現在の昔ながらの焼酎を好むターゲット層とは異なる新たな層に訴求できる商品としてのデザインを募集します。

会 社 名
相良酒造株式会社
課題
ラベルデザイン
商品(サービス)名
女性をターゲットにした焼酎のラベルデザイン
商品コピー
紫芋を使用した女性にも好まれる香りのする焼酎
対象者(ターゲット)
女性。20代~30代。今まであまり焼酎を手に取ったことがない女性。相良酒造を知らなかった新たな層にも手に取ってほしい。
対象者との接点
全国小売店
特徴・売り
アルコールが苦手な人にも飲みやすい焼酎。
紫芋使用、女性が好む香りで、焼酎をお風呂に入れて(アロマのように)焼酎の香でリラックス効果も期待できる。
価格
720ml 1500円前後
商品(サービス)URL
https://sagarasyuzou.com/
備考
・商品名「tomorrow」を想定しているが、商品名の提案も可。
・お風呂に1、2杯入れてはいるとリラックス効果、美肌効果がある(ラベルに明記はできない)。
・相良兵六と同じブルーボトル、キャップを想定しているが、ボトル、キャップなどの提案も可。
・パステルカラーなど女性が好む色を希望。
・瓶の型番(日本山村硝子株式会社 ストレート720-390ML OSB)使用

相良酒造担当者インタビュー

享保15年(1730年)の創業から今年で289年、鹿児島市でも歴史のある古い蔵元の一つ相良酒造。昔ながらの味にこだわり、小規模だからこそできる丁寧な手作業を大切に焼酎造りをしている同社。JR鹿児島駅近くの柳町にある工場兼事務所にて11代目相良由美子さんに課題についてうかがった。
>>詳しくはこちら