THEMA
メイワ医科工業担当者インタビュー

メイワ医科工業担当者インタビュー

創業から半世紀、地域定着の医療・福祉関連商品メーカーとしてあらゆるニーズに応えてきたメイワ医科工業。21世紀の急激な超高齢化社会の波の中、鹿児島という地域から「満足の品質」を発信しようとしている。自社工場を持ち、既成の製品からオーダーメイドまであらゆる角度で全てのお客様に対応を目指していく同社。鹿児島市七ツ島の本社にて代表取締役の時村友一郎さんに課題について伺った。

―よろしくお願いします。早速ですが、御社のご紹介をお願いします。

弊社は昭和12年に創業した、鹿児島県内唯一の医療・福祉関連商品メーカーです。介護ベッド、入浴機器など介護・福祉関連のあらゆる商品を自社工場にて製造販売しております。ものづくりができる会社、最後まで責任を持つメーカーです。「製品」というと作るだけのような気がしまして、あえて売るところまで考えている「商品」を作っているメーカーと言っております。

―ありがとうございます。では今回の課題となる商品について伺いたいと思います。デザイン性に優れた介護ベッドということですが。

弊社では病院様や福祉施設様、個人のお客様向けに介護ベッドを製造販売しております。大手メーカー様も含め、日本国内で普及している介護用・医療用ベッドはデザインということに重きを置いているものは少なく、いわゆる普通の介護ベッドが主流です。ただ、昨今の高齢化の時代の中で、自宅に置く介護ベッドは普通のベッドと同じようにおしゃれなものを置きたいというお客様が増えてきています。また、高級老人施設などでも同様にデザイン性の優れた介護ベッドの要望も高まっており、今回の「デザイン性に優れた介護ベッド」を課題としてお願いした次第です。

―なるほど。介護用ベッドというのは具体的にはどういうものなんでしょうか。

病院や、福祉施設などにあるベッドです。介護ベッドは「特殊寝台」とも呼ばれる福祉用具のひとつで、リクライニングなどがついていて、利用者がベッドから起き上がったり立ち上がったりするときの動作を補助してくれるものです。キャスターなどがついている台座、マットレス、ヘッドボード、フットボード、サイドレール、テーブルなどで構成されています。

―ありがとうございます。今回のデザイン部分は、ヘッドボード・フットボード等の部分のデザインになりますか?

基本的にはそうなると思います。病院などで使用されている白いベッドなど清潔感はあるけど簡素なデザインをリデザインしてもらう感じです。現状の白いサイドレールなどは檻のイメージをもたれて嫌がる方などもいらっしゃいます。

―なるほど。

ただ、お客様の利便性などを考え、入院生活や介護生活などの中で現状のベッドだと不便に感じているところの改善をするためのデザインもあり得ると思っています。例えば、皆さんも経験あるかもしれませんが、スマホやリモコンなどをベッドに寝たまま操作していると枕周りにそういう機材が増えていきますよね。これ、介護ベッドの上にあるとリクライニングでずれ落ちたりするんです。でも、テレビも観たいしスマホも触りたい。そこをデザインで解決できるのではないでしょうか。スマホを置く台をデザインの中に入れるとか、IoTの技術でなんらかの機能をもたせて家電を操作できるようにするとか。私共はお客様にはできるだけベッドから降りて動いていただきたいと思っています。ただ、ベッドの上での生活が不便になってはいけないとも思っています。ですので、そういう機能性を考慮したデザインというのも今後は必要だと思っています。

―ありがとうございます。ターゲットはどういう方になると思いますか。

有料老人ホームや病院の個室、個人のお客様で少し生活にゆとりのあるお客様というか家に介護ベッドを入れるならデザインの優れたものを買いたいというお客様がターゲットになると思います。

―現状の介護ベッドなどはどこで見ることが可能ですか?

弊社の本社兼ショールームでも見れますし、類似のものは各病院や施設、他社さんのものも含めればデパートや大都市圏の各社ショールームや家具屋さんなどに置いてあります。

―デザインしてもらう上で考慮してもらいたいことはありますか。

そうですね。介護ベッドの基本構造は変わらないです。ただ、弊社では自社工場も持っていますのである程度のわがままはお伺いできます。ですので、プラスアルファのデザインまたは先ほどもありましたが機能性という意味でのデザインを最大限に考えて、とんがったものも面白いと思っております。お客様が喜んで買っていただけるデザイン、商品だとうれしいです。

―なるほど。

逆に、「こんなのできないでしょ?」というようなチャレンジングなデザインも出てきたら面白いですね。ぜひそういうのもお願いできたらと思っています。あと、鹿児島らしさみたいなものも若干入ってもうれしいです。鹿児島発信というか九州発信というか。そんなデザインもいいですね。前に屋久杉を使ってベッドを作ってほしいみたいなお客様がいらっしゃいました。そういう材質提案もあってもいいと思います。

―何か制限とかはありますか?

JIS規格みたいなものはありますが、サイズなども含めとりあえずは特に気にしなくていいです。自由な発想でデザインしてもらえたらと思います。

―ありがとうございます。最後に応募者の方々にメッセージをお願いします。

とにかく期待しています。これぞデザイナーにしかできない発想だというようなものを見てみたいです。商品として作るので売れるものというキーワードは重要だと思っています。お客様のニーズやデザイナーの希望などいろいろ含め売れるデザインだといいですね。