THEMA
株式会社 風月堂

株式会社 風月堂

創業100周年を記念した、「さつまどりサブレ」の新商品パッケージデザイン

「さつまどりサブレ」は「明治日本の産業革命遺産」に登録された集成館事業の一環で作り出された兵糧麺包(サブレ・ビスケットに近いもの)が原点です。2019年で100周年を迎える風月堂。原点である米粉を使用したサブレを作り、「日本の焼き菓子の近代化が薩摩から始まった」をテーマに歴史を語る菓子となるデザイン案を募集します。

会 社 名
株式会社 風月堂
課題
商品パッケージ
商品(サービス)名
創業100周年記念の「さつまどりサブレ」
商品コピー
創業100周年、「米粉」を使用したサブレ
対象者(ターゲット)
観光客がターゲット
対象者との接点
自社店舗、駅、空港、通販他
特徴・売り
戊辰戦争の際、西郷隆盛大将が江戸の風月堂に兵糧麺包を製造依頼し、納入させた史実があり、当時の兵糧麺包は「米粉」を原料としていた。2019年風月堂は100周年を迎えることもあり、原点である米粉を使用したサブレを作り、「日本の焼き菓子の近代化が薩摩から始まった」をテーマに歴史を語る菓子としたい。
価格
12枚入り:1000円程度
商品(サービス)URL
http://www.fugetsudo.biz/
備考
・個包装と箱(もしくは包装紙)のデザイン、サブレ自体の形の提案も可。 ・お菓子自体に印刷は不可。 ・商品名の提案も可。 ・「敬天愛人」という商品名は当社が商標登録しているので使用可。 ・会社名のロゴは使用すること。 ・鹿児島らしさはあった方が良い

株式会社 風月堂担当者インタビュー

薩摩伝統の味わいと新しい感覚を融合して、鹿児島にちなんださまざまな和洋菓子を製造している株式会社風月堂。鹿児島の繁華街である天文館にオープンした新店舗は、モダンなデザインの「F」の頭文字にヨーロッパの伝統を感じさせる書体でFUGETSUDO。邁進する伝統と融合。本社・工場のある鹿児島市谷山にて営業課長の鎮守恭介さんに課題について伺った。 

詳しくみる