株式会社大阪屋製菓

鹿児島限定 「南国珍々豆 お土産セット」 のパッケージデザイン

南国珍々豆は1967年の発売開始から来年で50周年を迎えます。50年の感謝を込めて、「南国珍々豆で鹿児島から日本を元気に」プロジェクト(仮)を始動します。その第1弾として、鹿児島限定発売の「南国珍々豆お土産セット」を企画します。鹿児島をはじめ、遠足のおともや晩酌のおつまみにとご利用いただいている南国珍々豆。実はまだまだ日本国内での知名度は低く、首都圏を中心に知らない方も多くいます。それを、鹿児島限定土産として観光客の方に購入いただき、お土産品として楽しんでもらい、日本を元気にしていこうという企画です。もっといろんな人に豆菓子を食べてもらいたい。多くの子供たちによい素材の豆菓子を食べてもらいたい。そんな思いを胸に私たちは「南国珍々豆」を作っています。

会 社 名 株式会社大阪屋製菓
課題 商品パッケージ
商品(サービス)名 鹿児島限定 「南国珍々豆 お土産セット」 
商品コピー 未定
対象者(ターゲット) 観光客、素材のよい商品を買う人、縁起物を買いたい人
対象者との接点 空港や駅などのお土産店
特徴・売り 懐かしい駄菓子や焼酎にピッタリの酒肴など、世代を超えて老若男女にお楽しみいただける豆菓子
価格 600円~800円
商品(サービス)URL http://www.chinchinmame.jp/shouhin/00chin2.html
備考 ・1セット 15g×10~12袋入り。
・鹿児島らしさを入れたデザイン。
・個包装(シリーズ統一感のあるもの)およびセットを入れるパッケージデザイン。

大阪屋製菓担当者インタビュー

1967年の発売開始から来年で50周年を迎える「南国珍々豆」や「雀の卵」。鹿児島や九州では誰もが知っているポピュラーなお菓子である。もっといろんな人や多くの子供たちに良い素材の豆菓子を食べてもらいたいという思いで製造販売をされている株式会社大阪屋製菓。鹿児島限定土産という今回の課題に秘められた地元企業としての思いについてなど、代表取締役の水野貴之さんとブランドマネージャーの水野希さんにお話を伺った。

>詳細はこちら