鹿児島市内
若手デザイナー限定

大学生や新社会人などの若年層に向けて、ごみの出し方や分別について啓発するチラシのデザイン

鹿児島市内の若手デザイナー対象

資源政策課キャラクター

○パブリックデザインコンペは、市内の若手デザイナー育成のために実施するもので、市(公社等を含む。)がつくる製品等に良質のデザインを採り入れることで、付加価値や競争力を高め、市民への訴求力が高まることを期待しています。
○市内の若手デザイナー(18歳以上(高校生を除く。)概ね40歳以下であること。)を対象に開催いたしますので、応募希望の方は説明会にご参加ください。

賞金 10万円/募集期間 7月20日(水)〜8月10日(水)まで
説明会 7月25日(月) 14:00〜15:00 
場所 ソーホーかごしま会議室(鹿児島市役所みなと大通り別館6F)

課題概要

■課題内容 大学生や新社会人などの若年層に向けて、ごみの出し方や分別について啓発する
チラシのデザイン
■対象者(ターゲット) 大学生や新社会人などの若年層
■対象者との接点 鹿児島市内大学、短大、専門学校などの入学式などで各学校より配布。その他学校窓口などに設置予定。
■補足事項 ・市役所(資源政策課ほか)に配置している他、鹿児島市のホームページに掲載されている「ごみ出しカレンダー」を見て、ごみ出しのルールを確認してもらいたい。
・ごみ出しにはルールがあることを知ってもらいたい。(住んでいる市町村によってごみの分別が違うこと・分別の仕方・その他のルール・降灰袋など)
・連絡先などを記載。
・ごみは平仮名で統一。
・A4両面カラーにて印刷予定。
・紙質は、「原則、古紙配合率70%以上」を使用。

応募方法・スケジュールなど

■提出物 応募用紙、デザイン案他
■応募方法 応募用紙に必要事項を記入の上、企画書等を添えてメールもしくは郵送にて応募してください。
※必ず応募規約を確認、了承の上ご応募下さい。
■選考方法 「かごしまパブリックデザインコンペ審査会」を設置し、同会にて選考します。[審査員:赤瀬浩成氏(メイド・イン・ジャパン・プロジェクト株式会社 代表取締役)、ウジトモコ氏(株式会社ウジパブリシティー代表取締役)、杉山知之氏(デジタルハリウッド大学学長)、丸尾弘志氏(日経デザイン編集長)※五十音順]
■スケジュール 2016.7.20(水)応募開始
       7.25(月)パブリックデザインコンペ説明会
       8.10(水) 応募締め切り
       8.19(金) 1次審査結果通知
       8.25(木)最終審査(最終プレゼンテーション)
       8.31(水)最終審査結果通知
2017.1.17(火)表彰式
■参加資格 鹿児島市在住の若手デザイナー、または市内の企業等に在勤する若手デザイナー
(18歳以上、(高校生除く。)概ね、40歳以下であること。)
※説明会に参加出できない場合は、事務局へお問い合わせください。

■かごしまパブリックデザインコンペ大賞作品

受賞者   森田 菜月さん

折ってみないとわからないごみ箱チラシ

審査員コメント

ゴミ出しルールを認知してもらうために若者の目に留まるチラシという趣旨をよく理解し、ただ告知するのではなく、チラシ自体が折り紙になっていてゴミ箱になるというアイデアが秀逸でした。また、その折り紙が適度に難しいため、動画を参考にしながら折っていくというスタイルやその動画のネット公開という今後の展開が見込まれる点も、審査員から評価されました。