THEMA DETAIL

HOTEL&RESIDENCE 南洲館

課題名

24時間365日、西郷さんが見えるお部屋
3153(さいごーさん)ルーム 内装デザイン

創業91年、西郷南洲翁にちなんだ南洲館。2018年、明治維新150年に向け、お部屋から24時間365日、いつでも西郷さん銅像に会えるお部屋を創ります。一番眺めの良いトップフロアの8階角部屋(801号室)。素材のコンセプトは西郷さんのように「人に優しい」がキーワード。オーガニックでナチュラルな自然素材(シラス壁、い草琉球畳、鹿児島地産の木材)を使用。また、様々な西郷さんの本、グッズなどを展示。

課題イメージ写真
会 社 名 HOTEL&RESIDENCE 南洲館
課題 インテリアデザイン
商品(サービス)名 24時間365日、西郷さんが見えるお部屋
3153(さいごーさん)ルーム 内装デザイン
商品コピー 24時間365日、西郷さんが見えるお部屋
3153(さいごーさん)ルーム
対象者(ターゲット) 西郷隆盛、明治維新、幕末が好きな人。歴史に興味のある人他。
主な販売スペース 自社サイト、各予約サイト他
特徴・売り ・365日西郷隆盛銅像が見える。部屋から西郷さんの見えるホテルは当ホテルだけ。
・内装に鹿児島県産素材を使用。
・「安心、安全、安眠」なオーガニック素材を使用。
価格 部屋代金 素泊まり 10,000円/人 (最大4名まで宿泊可能)
商品(サービス)URL http://nanshukan.co.jp/
備考 ・予算は内装インテリア等込みで上限300万円。
・滞在型ルームなので、バス、トイレ、キッチン、洗濯機あり。
・定点Webカメラなども部屋外ベランダなどに設置し西郷隆盛銅像、桜島、中央公園、城山、市立美術館等を24時間中継。
・西郷さんは台湾などでも人気があるため、インバウンドで海外客誘致にもつなげたい。
・監修は西郷隆盛の曾孫の西郷隆夫さん

南洲館 担当者インタビュー

南洲館 担当者

創業91年、南洲翁こと西郷隆盛にちなんで名付けられたHOTEL&RESIDENCE南洲館。南九州一の繁華街・天文館にある南洲館は、通常客室に加え、滞在連泊型のレジデンスルームも備えている。全64室の客室の中でも、最上階の角部屋・801号室の内装デザインが今回のアワード課題。そこで、代表取締役社長の橋本龍次郎さんにテーマ等についてうかがった。

詳細はこちら