デザインキャンプ2014

プロデューサー能力育成講座

こちらの講座は定員に達したため募集を締切させていただきました。

本講座は、プロデューサー能力を「シゴトを創りだす能力」と規定し、社内 チームを牽引して社外との協業や折衝を図りながら、売れる商品やサービス を世に送り出す能力を高めることを目標にします。

講座の構成と目標

  • 1. キカクを創る能力(プランニング力を高める) 第1~4回
    従来は暗黙知であった商品やサービスの発想法や企画の切り口を形式知化する事で理解とスキルを高めます。
  • 2. チームを創る能力(チームワーク力を高める) 第5回(2日間連続)
    演習中心にチームで課題解決力を磨く経験を通じてチームワークの大切さを学び、リーダーシップを高めます。
  • 3. ウレルを創る能力(マーケティング力を高める) 第6~10回
    マーケティング知識の習得のみに留まらず、市場や生活者を重視する目を養う事でマーケティングの成功確率を高めます。

定員:20名予定

各回概要・開催日時

1.キカクを創る能力▶プランニング力を高める 第1~4回

第1回 9月4日(木) プランニングのポイント 
・ガイダンス ・プロデュース能力とは? 企画づくりの基本動作やポイント。
第2回 9月11日(木) 企画の切り口18手(前半) 
・企画の切り口18手の個別解説とグループディスカッション①
第3回 9月25日(木) 企画の切り口18手(後半) 
・企画の切り口18手の個別解説とグループディスカッション②
第4回 10月9日(木) 企画を通すという事 
・企画を通すプレゼンテーションと企画書づくり5つのポイント

2.チームを創る能力▶チームワーク力を高める 第5回(2日間連続) 
※宿泊先は決まり次第、お知らせ致します。

第5回
(合宿)
10月18日(土)~19日(日) チームで考えるワークショップ。プランニングツールを活用したチームでのプランニング演習。
・講義: チームワークによる課題解決とは? オリエンテーション。課題の提示。
・少人数のチーム編成によるワークショップ。課題への取組と解決策の討議。・各チームのプレゼンテーションと講評。

3.ウレルを創る能力▶マーケティング力を高める 第6~10回

第6回 10月30日(木) マーケティングとは 
・人の生活文脈を考えること。時代と共に変化するマーケティング。今、注目されるマーケティングとは。
第7回 11月13日(木) マーケティング戦略(前半) 
・マーケティング戦略ステップ。市場分析とSTP戦略。グループディスカッション。
第8回 11月27日(木) マーケティング戦略(後半)  
・マーケティングミックスのポイントとマネジメント。グループディスカッション。
第9回 12月11日(木) トリプルメディア時代のコミュニケーション  
・マーケティングコミュニケーション。評判を喚起するPR、そのタブーとポイント。
第10回 12月18日(木) ヒット商品に見る成功要因  
・マーケティング視点からの商品、サービス開発の成功事例、失敗事例。グループディスカッション。

※講義時間は16:00開始、1回90~150分程度。ただし10月18~19日は全日。講義内容は変更になる場合がございます。

受講料

無料(一部実費負担あり。講義で用いる教材(書籍など)、10月18~19日宿泊費は参加者様ご負担となります。) 
※全回受講を原則とします。特定回のみの受講も可能ですが、定員を超える講座は全回受講の方を優先させていただきます。

受講対象者

コミュニケーションや商品開発に関わる企業または企画・制作会社などで、初歩的な知識は習得されている方。

会場

ソーホーかごしま会議室(鹿児島市役所みなと大通り別館6階) ※10月18~19日のみ別会場。

講師紹介

プロデューサー能力育成講座 講師

笠井 圭介

笠井 圭介

(株)創企堂 コミュニケーションプランナー

大日本印刷CDC 事業部、東急エージェンシーインターナショナル マーケティング局を経て、1987 年旭通信社( 現アサツー ディ・ケイ) 入社。その間、自動車、家電、通信、レジャー、食品、飲料、サー ビス業などナショナルクライアントのマーケティング、プロモーショ ン、ブランディング、商品開発などを数多く手掛ける他、研究開発 部門にてショッパーマーケティングや団塊シニアなど生活者の研究 に従事。日本広告業協会、日本能率協会講師や龍谷大学非常勤講師 なども経験。2014 年より創企堂勤務。日本広告学会及びMCEI 会員。

ゲスト講師(第5回)

ボブ田中

ボブ田中

東北芸術工科大学デザイン工学部企画構想学科教授。大学院仙台ス クール教授。㈱ボブ田中事務所代表取締役。広告会社を経て独立し、 現在もコミュニケーションデザイナーとして多くのブランド構築や 商品開発、広告キャンペーンなどの企画制作に携わる。また、東北 を中心とした数多くの産学共同プロジェクトを推進している。専門 領域は、マーケティング、ブランディング、広告、アイデアマネジ メント。2006 年カンヌ国際広告祭日本代表審査員、2007 年アジア 太平洋国際広告祭日本代表審査員、日本広告学会会員

ゲスト講師(第9回)

荒井 和子

荒井 和子

大学卒業後、旭通信社(現アサツーディ・ケイ)に入社。ジュエリー やウオッチ、外食産業等を担当し、PR イベントや記者発表会の企画 運営、商品PR 等に携わる。その後、セールスプロモーション部門で、 飲料や携帯電話の販売促進、スポーツイベントやフォトコンテスト の運営などを担当。現在は、PR部門でクライアントの広報活動サポー ト、リスクマネジメント等に従事。2010 年:上海万博関連の業務で、 日本パブリックリレーションズ協会の「PR アワードグランプリ」で コーポレート・コミュニケーション部門の最優秀賞を受賞。

お問い合わせ

かごしまデザインキャンプ運営事務局(株式会社 創企堂内) 
TEL : 099-239-0253 / FAX : 099-239-0254
E-mail :

※いただきました情報は、株式会社創企堂が管理し「鹿児島市クリエイティブタレント育成支援事業」に関連する事業にのみ利用させていただきます。

こちらの講座は定員に達したため募集を締切させていただきました。