アワードの課題一覧

つきの虫

プロダクトデザイン

つきの虫イメージ写真

白薩摩の新しいかたち。白薩摩の特徴のひとつである貫入(かんにゅう※ヒビのようなもの)をクローズアップし、そこに顔料を染み込ませることで、汚れにくい白薩摩ができる。伝統工芸品でありながら、新しいスタイルの薩摩焼きとして生まれ変わらせ、「大切な人へプレゼントする白薩摩」としてのデザインを考える。

ノガミ産業

プロダクトデザイン

ノガミ産業イメージ写真

鹿児島特産の黒豚革をなめし加工し作る「タブレット端末等を入れるケース」のプロダクトデザイン。さわり心地がやわらかく、取り扱いしやすい。他の革製品より、やさしいイメージ。

MBC開発株式会社

パッケージデザイン

MBC開発イメージ写真

鹿児島県枕崎産の本枯節をベースにした出汁の外装パッケージデザイン。 「簡単!オイシイ!」をコンセプトに商品開発予定。 出汁の形状は簡単に使える顆粒出汁。 一般に流通している出汁パックではなく1回で使い切りのスティックタイプを想定している(8g×31袋)。 冷蔵庫の扉ポケットに保存でき、邪魔にならず取り出しやすいパッケージデザイン希望。

株式会社下堂園

パッケージデザイン

下堂園イメージ写真

自社ブランド「下堂薗有機農園」のパッケージ開発。 当社は緑茶の製造・卸・小売販売業だが、グループ会社として農業生産法人を設立し、南九州市川辺町に「ビオファーム」という約7ヘクタールのオーガニック農園を所有している。 ビオファームはEUとアメリカで有機認証を認められており、そこで栽培された緑茶や紅茶はEUを中心とした世界に展開されている。 また、国内でも茶問屋や商社、直営店を中心とした原料供給・パッケージの販売を行っているのだが、現在のパッケージは簡素なものとなっており、コミュニケーションの部分でまだまだ課題があると考えている。 海外展開を視野に入れたパッケージ開発を希望している。

FUKU+RE

パッケージデザイン

FUKU+REイメージ写真

鹿児島の緑茶をベースにしたハーブティパックのタグと外装(個別包装+外装)のデザイン。鹿児島の山々や国指定天然記念物・鹿児島県鳥「ルリカケス」をモチーフに、 豊かな自然美による、洗練された癒しを表現。

藤絹織物株式会社 奄美の里

パッケージデザイン

藤絹織物株式会社 奄美の里イメージ写真

南国のフルーツとして有名な「ドラゴンフルーツ」ですが個性的な見た目のせいか、同じく南国のフルーツとして有名な「マンゴー」と比較すると“食用”としての認知度が低く、鑑賞性ばかり注目されています。パッケージを一新することで消費者の印象を改め(特徴に記載)、商品を気軽に手に取っていただけるようにしたい。