審査員の紹介

下川 一哉氏 写真

下川 一哉 氏

日経デザイン編集長

1963年、佐賀県生まれ。1988年、早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。同年、日経マグロウヒル(現・日経BP社)入社。2008年より『日経デザイン』編集長。経済産業省、特許庁ほかの各種デザイン関連委員を歴任。2008年12月に仏パリ、2009年5月に米ニューヨークで開催された「感性―Japan Design Exhibition」のキュレーション、経済産業省2009年度ソフトパワー海外派遣事業エグゼクティブプロデューサーも務める。

杉山 知之氏 写真

杉山 知之 氏

デジタルハリウッド大学 学長/工学博士

87年よりMITメディア・ラボ客員研究員として3年間活動。90年国際メディア研究財団・主任研究員、93年日本大学短期大学部専任講師を経て、94年10月 デジタルハリウッド設立。2004年日本初の株式会社立「デジタルハリウッド大学院」、翌年「デジタルハリウッド大学」を開学。現在、同大学の学長を務める。

ウジトモコ 写真

ウジ トモコ 氏

アートディレクター/ウジパブリシティー代表取締役

多摩美術大学グラフィックデザイン科卒 デザインを視覚に訴える経営戦略として捉える「視覚マーケティング」の提唱者。ビジュアルディレクターとして数多くの企業の新規事業開発、事業転換期のデザイン戦略を立案。フルメディアに対応可能・視覚戦略を駆使した「マルチユースデザイン」に定評がある。著書に『視覚マーケティングのススメ』『売れるデザインのしくみ』 『デザインセンスを身につける』『伝わるロゴの基本』など。